読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師として

美容師として、思うことはシャンプーを習うことから始まって日々仕事は、掃除してお金にならない時期に給料をもらわせて頂く見習い時期から一生空いた時間は掃除をして衛生的である美容院を綺麗であることが、仕事で昔の歴史は店で勉強させて頂き店の家の中家事を済ませて技術を奉仕する家事もこなさなければならない美容業が日本の美容院の歴史の基本で今の美容院の考え方です。今時の美容院には余り無くなっているのですが、ちゃんとした技術を身につけている美容師さんは、昔美容の考え方が無いと誰もかれもに上の人が今迄に自分が掃除や助手をして身につけてきた技術をちゃらんぽらんの技術者にたやすくは教えませんちゃんとしている美容師さんには技術をちゃんと伝えます。上から美容師が技術を教えてもらうちょこちょこした技術の理論は上の人から頂けた自分の美容歴の宝でありそれが自分の技術に成ります。掃除をしているいないで、美容師さんのちゃんと下積みが問われます。

私は医師として美容師から成りましたが昔イタリアの方で理容師の中で医師に成り私達広島県理容美容専門学校はその話しを実現する為に医師の作った教科書で広島大学の先生達が教えてくださっています。